制作風景

HOME   >  製品案内   >  制作風景

制作風景

流れとしては・・・

革を選び各パーツに合わせて革の繊維による伸び方向や傷汚れの有無を見極め断裁します


必要なパーツにカービングをします
カービング ヌメ革に水分を含ませデザインを下書きしそのデザインをスーベルナイフでカットします カットされた線に合わせ各種刻印で打刻し革に陰影をつけ立体的にします より立体的にするために染料を革に付け陰影を強調し最後に色落ち防止剤と表面保護を兼ねた薬剤を塗布しカービングは終了です

各パーツの下処理 裁縫後加工できないコバ(断裁面)やトコ面(革の裏側)を先に磨きます


接着 裁縫する前に各パーツを革専用の接着剤で接着します

裁縫 一本の糸を二本の丸針を使い縫い上げます

コバを磨き
レザー専用のトリートメント剤を塗り完成です
断裁されたパーツ
刻印終了後のカービング
裁縫前に接着剤で接着
手縫い